FC2ブログ

記事一覧

【葵マリーの特別コラム】数十万の着物や毛皮が1回でダメになる!? 究極の贅沢仕事で私は〇〇してました

数十万の着物や毛皮が1回でダメになる!?
究極に贅沢な仕事が存在する事実!!


 


なんだかんだでスカ♪トロ街道まっしぐらで来ちゃったからスカ♪トロネタが多くて困る。
 
とはいえ、「他の人達よりもかなり変な喜びとか苦しみは経験してるからありがたいよね」と思うことにしてるんだよね。

例えば・・・
こんなものがある。

それは、レギュラーで月1に撮影させて貰ってた《ふ ん に ょ う》シリーズ。これは、かなり苦労したシリーズ。




 
何が苦労したかって?
 
このシリーズは私以外に脱ぷん娘を3人は必ず出演させなくちゃならなくて。いや、そんなことは容易いことなんだけど。
 
衣装なのよ衣装!




IKK〇さんもビックリの衣装代
原因はやっぱり〇〇〇!!

 

毎回毎回4人分の衣装を用意しなくちゃならないのよ。



パッケージにも麗しい4人の女性が写っております。

……って、これだけ聞くと、「4人分位なら簡単に揃うじゃん」って感じでしょ?

いやいやいや、じゃないのよ。
スカ♪トロ物ってワンシーンごとに衣装にウ〇チが付いちゃうから、そのままゴミ。

次のシーンなんかには絶対に使えないの。

これが1日に4人×4~5シーンあるもんだから、当時は悩みの種だったよね。


 
 
数十万の高級着物が〇〇〇まみれで燃えるゴミに……
ああ、もったいない。ご愁傷様です。チーン!!

 
特に《ふ ん に ょ う芸者》のシリーズの時は辛かった。
 
芸者ってくらいだから、やっぱ着物でしょ?




 
世の中、着物って高いじゃない? 古着で探したって4人分となると大事。
浴衣だったり、襦袢だったり、浅草徘徊したり、ネットオークションで探したり。
色々と駆使したよ。

 
それなりに毎回、乗り切るんだけど、実は、そんな中どうしても1着見付からないとかになった時は、私が芸者時代に着てた着物とか出したりしたもんね。

 
1着ン十万円だよ?

 
もう着ないから良いや、とか思ったけど今考えると勿体無いよねー。

その中には、旅館の社長が買ってくれたお高い着物も数着あるし。
その社長さんが《ふ ん に ょ う芸者》見たら卒倒しちゃうんじゃないかしら?
 

「お……、俺が買った着物がウ〇コ塗れになっとる!」


ちなみにパケを見て見ましょう。
ほら、こんなにきらびやかな衣装が・・・
ああ、あっという間に、茶色いものたちで塗れていきます。

1aot011pl.jpg
『ふ ん に ょ う 芸者 其の壱』
出演者:大石美奈、三代目葵マリー、徳井唯、りん。(河野りん、菊川りえ)
シリーズ: ふ ん に ょ う 芸者
メーカー: ナチュラルハイ



1aot012pl.jpg
『ふ ん に ょ う 芸者 其の弐』
出演者:徳井唯、三代目葵マリー、斉藤ユキ、りん。(河野りん、菊川りえ)
シリーズ: ふ ん に ょ う 芸者
メーカー: ナチュラルハイ



1aot013pl.jpg
『ふ ん に ょ う 芸者 其の参』
出演者:倉本安奈(あんな)、 三代目葵マリー、徳井唯、りん。(河野りん、菊川りえ)
シリーズ: ふ ん に ょ う 芸者
メーカー: ナチュラルハイ



1aot014pl.jpg
『ふ ん に ょ う 芸者 其の四』
出演者:大石美奈、三代目葵マリー、徳井唯、りん。(河野りん、菊川りえ)
シリーズ: ふ ん に ょ う 芸者
メーカー: ナチュラルハイ




とかね。
ま、そんな高い着物とは知らずにキャッキャっと楽しそうに着物の上にウ〇コを振り落とす娘達の顔を見たら、そんな事も忘れちゃうけどね。
 


 
毛皮だって〇〇〇まみれでさようなら……
 
他のシリーズでは毛皮も3枚ほど犠牲にしたこともあるよ。
 
黒いのと白いのと茶色。
全部、ウ〇コ塗られて台無し。
 
私みたいなフリー女優は衣装が自前ってパターンが多いから、真冬にウ〇コな撮影だと、どうしても寒いからって毛皮着て行っちゃうんだよね。
 
で、結果毛皮を敷いてウ〇コ。
 
毛皮を着てたとしても、ウ〇コまみれな女の子を抱きしめて、ウ〇コまみれとか。
もうね、こんな事ばっかw。
 
気づけば業界歴も20年を過ぎたけど、考えてみりゃ人生の半分がウ〇コというもので埋まっていく感じ。
 
ん? 別に嫌じゃないよ?
 
こんな人生、結構気に入ってるよね。



三代目・葵マリーのその他のコラムはこちら

私が『三代目・葵マリー』を名乗るようになった理由
初代&三代目・葵マリーが一緒に作った最初で最後のAV
××××に触れずにイク!! 究極の方法とは!?



葵屋図書館をどうぞ応援してください! (❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 


葵屋図書館ツイッターはこちら→@aoiyatoshokan
フォローよろしくお願いします♪

図書館T2

「葵屋図書館」
~ちょっとエッチな読書タイムを~
葵屋がお送りする読みもの専門館
編集長:中山美里
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

葵屋グループのご案内



性のデパート葵屋本店
http://aoiyahonten.jp/


よりディープな葵屋別館
https://aoiyabekkan.jp/


読みものに特化した専門館
http://aoiyamisato.blog.fc2.com/

プロフィール

中山美里

Author:中山美里
水商売などを経てライターへ転身。その後は女性と性をテーマにした著作を次々と発表。固い記事から身体を張った体験レポートまで、スタンスの広さに定評がある。

葵屋図書館をどうぞ応援してください!
(❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: