FC2ブログ

記事一覧

生中派が好む同時イキ! 超絶気持ちいい味わいを得るために必要なこととは?

セックスライフは十人十色のフリースタイル!



祝解禁!!妊娠確定!? 人生初生ハメ中出し ゴムなし!疑似なし!偽りなし!100%本物ザーメンを西宮ゆめの子宮の奥に思う存分ブチまける!

セックスライフは十人十色。
カップルの数だけセックスがあるといえるほど。

愛撫の流れやセックスにかける時間、二人のお気に入りの体位まで、相手が変わればセックスのお味も別物。
つまり、お相手が変われば、それこそ、こってりフレンチとあっさり和食ほどに、変わってしまうものだ。

さて、今回「セックスとはなんぞや?」をリサーチして見た。

すると、「愛情の表現」や「身体のコミュニケーション」と考えている方が大多数。
でも、葵屋図書館としては思うのである。


セックスって、そんなステキなものか? 

究極、自分が気持ちいいからしてるんだろ? と。


ま、セックスにおいては、何が正解、何が不正解というものは無い。
なもんで、2人の合意の元にするものであれば、セックスは自由だと言える。



「ローデンブルグのの食人鬼」と呼ばれるアルミン・マイヴェスは、インターネットで「食べられたい人」を募集し、応募してきた人を食べたことで知られている。


2018091401.jpeg
こちらの方が、「ローデンブルグのの食人鬼」。日本代表に佐川君がおりますが、案外、人間の肉を食べてみたいという性的欲求を持つ人って多いのかしらん?

世の中には、こんな変わった人たちもいるのだから、性的快楽って本当に様々。


基本、どんなことをしても良いのでしょうが・・・
ま、これ以上はいうのはやめておきましょう。


さて、セックスは自由なものであるので、体位も自由に色々と挑戦してみたいもの。

「“正常”位」なんての言葉に惑わされず、頑張って駅弁ファックを決めてみるのもたまにはいいかもしれない。

さて、カップルの皆さんは、一体、どんな体位を好んでいるのだろうか。


自然に様々な体位に挑戦できる補助教材とは!?



絶頂体位開発 一番キモチ良い体位で中出し性交 Special 麻倉憂

交際期間や結婚歴が長くなってくると、マンネリなどを感じ、どうしてもセックスレス傾向になってくるのも事実。

とはいえ、レス傾向が大多数のなかでも、定期的に幸せな愛の時間を持っているカップルもいる。
さて、彼らは一体どんな工夫をしているのだろうか?

● 「48手が掲載されている本を買い、それを順番に試しています」(30代後半/女性)
● 「2人でAVを見るのですが、見ながら『今度、この体位やってみよう』『こういうプレイしてみよう』などと話し、実際チャレンジしています」(30代前半/女性)
● 「いつでも性の対象として見られるように、スキンシップを欠かさない」(30代後半/男性)
● 「子どもがいない時間、夫婦2人で過ごせる時間を持てる努力をする」(40代前半/男性)

他にも、「セックスをする日のサインを決めておく。そのタイミングは朝。そうすると『夜、するんだな』と1日ドキドキソワソワしていられる」(30代前半/女性)という声も・・・。

やはり、幸せなセックスライフを長い間送っているカップルは、工夫や遊び心を忘れない模様!


同時イキができれば、離れがたい仲に!?



同時にイクまで昇り詰めるSEX 大橋未久

さて、幸せなセックスをしているカップルに聞いたところ、
「最初から同時イキなんてしたことない」
「回数を重ねて幾たびに、どんどん快感が深まっていった」
という声も多く出た。

長くHしているカップルの中には、「子どもができやすいから避妊は確実にしたい」とピルを飲んでいる女性も多く、セックスは生傾向が強い。
特に、ピルやパイプカットで、気兼ねなく生中出しを楽しめる状況の人たちは、100%生中出し。

コンドームなんてもってのほか!

と、いわゆる世の中で叫ばれている「Safe SEX」とは真逆の方向に突っ走っているのが面白い。

さて、生でハメハメすることの醍醐味として、一体どんなものがあるのだろうか?


● 「回数を重ねるたびに、だんだん女の中がオレの形になっていくんだよ。前に浮気をした時に、3回目くらいに『ヤバイ』と思ったね。挿れた瞬間、女の中が待ち受けているかのように、しっくりきたんだ。1〜2回目は違和感があったのに」(30代前半/男性)
● 「イクには段階がある。3年、4年とセックスを重ねて行くたびに、オーガズムが深まってきた気がする。これを知ってしまったら、また、新しい人とゼロからスタートのが面倒っていう気持が正直ある」(40代前半/女性)
● 「気持ちいいポイントを分かりあえるようになったので、始めてすぐに気持ちがいい。しかも、5年目くらいから同時イキできることが増えてきた」(30代前半/女性)

まさに、継続は力なり。
日々の小さな工夫とチャレンジの積み重ねによって、「深いオーガズム」と「同時イキ」が味わえるのだ。

つまり、生中派が好む同時イキは、コツコツとした地道なセックスの積み重ねによって、自在に得られるようになるのである。
ぜひとも、コンドームの薄皮1枚隔てない生の味わいを楽しみつつ、同時イキを楽しんでくれ〜!





葵屋図書館をどうぞ応援してください! (❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 


葵屋図書館ツイッターはこちら→@aoiyatoshokan
フォローよろしくお願いします♪

図書館T2

「葵屋図書館」
~ちょっとエッチな読書タイムを~
葵屋がお送りする読みもの専門館
編集長:中山美里
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

葵屋グループのご案内



性のデパート葵屋本店
http://aoiyahonten.jp/


よりディープな葵屋別館
https://aoiyabekkan.jp/


読みものに特化した専門館
http://aoiyamisato.blog.fc2.com/

プロフィール

中山美里

Author:中山美里
水商売などを経てライターへ転身。その後は女性と性をテーマにした著作を次々と発表。固い記事から身体を張った体験レポートまで、スタンスの広さに定評がある。

葵屋図書館をどうぞ応援してください!
(❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: