FC2ブログ

記事一覧

襲われ体験ー被害告白ー 短大生20歳

 私は、父親が比較的大きな会社を経営している、いわゆる「お嬢様」女子大生です。
 毎年7月になると避暑地にある別荘へ出かけるのが幼い頃からの習慣です。
 忙しい父は週末のみ来訪。母と私は夏中をそこで過ごすのです。

 でもそんなおとぎ話のような、夏のひとときは今年限り。
 だってあんな恐ろしい事件が起きてしまったのですから……

 「お嬢さん、許してください」
 プールサイドに腰掛けて、そのきらきらとしたしぶきを眺めていたとき、使用人のF君が突然私に抱きついてきました。
 何が起こったのか分からず、私はされるがままになっていました。

 F君は数年前から私達家族がこの別荘で雇っている庭師さんです。
 ほかにも多くの別荘の庭園の手入れをしている、地元でも腕のいいことで評判の植木屋さんということでした。

「俺、お嬢さんのことを一目見たときから……」
 はたと状況を理解した私は、逃げなければと咄嗟にF君の腕を振り払って駆け出しました。
 振り返ると、F君が尻餅をついているのが見えました。
 家に入って鍵を閉めれば助かるはずです。
 さあ、早くしなきゃ。

 しかし、F君の足はとても早く、ものすごいスピードで私を追いかけてきます。
 庭をつっきりあと屋内に入り込んだところで、とうとう捕まってしまいました。

「いや、やめて。なんてことするの? こんなことしてどうなるか分かってるの?」
 私は力の限り叫びました。
 けれども声は無人の家の中に響くばかり……。
「一度でいいんだ。お願いだ」
 腕をつかまれ、押し倒され、縛り上げられました。

muri002.jpg

 そして…私はF君に屈しました。
 どんな大きな権力でも、男の暴力と性欲の前では役に立たないようです。

 私は純血を奪われてしまいました。
 二度と、この地に訪れることはないでしょう……。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

葵屋グループのご案内



性のデパート葵屋本店
http://aoiyahonten.jp/


よりディープな葵屋別館
https://aoiyabekkan.jp/


読みものに特化した専門館
http://aoiyamisato.blog.fc2.com/

プロフィール

中山美里

Author:中山美里
水商売などを経てライターへ転身。その後は女性と性をテーマにした著作を次々と発表。固い記事から身体を張った体験レポートまで、スタンスの広さに定評がある。

葵屋図書館をどうぞ応援してください!
(❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: