FC2ブログ

記事一覧

『夫が家庭を大切にしてくれません』 (福島県/28歳/専業主婦)

ボンソワール!
鬼子の時間ですわよ。

今回のお悩み相談者はこの人!

夫が家庭を大切にしてくれないと訴える奥さん。
ま、この人も専業主婦なんだけどね。

なんだか相談してくる人って専業主婦が多いのよ。

ちっぽけなことで頭を悩ませていられるくらいお暇ってことなのかもしれないわねえ。
それはともかく、早速相談内容見てみましょ。


014-11414.jpg




●質問
『夫が家庭を大切にしてくれません』
(福島県/28歳/専業主婦)

4歳と2歳の女の子のママです。夫は2つ年上で、普通のサラリーマンです。

悩みというのは、毎週日曜日に夫がサーッカーチームの練習や試合に行ってしまうことです。
夫は学生時代からずっとサッカーをやっていて、私と出会ったのもサッカーがきっかけではあるのですが……。

最初に入社した会社はベンチャーですが、かなり羽振りがよく、給料もよかったのですが、その後、経営状態が傾いてほぼ倒産のような状態になり、辞めることになりました。

今の会社に転職してから、給料も減ったし、残業も増えて、土曜日も月1~2回出社があります。
だから、日曜は家族と過ごしてほしいと思い、サッカーはしばらくお休みにしてほしいと言いました。

すると、「平日働き続けて、サッカーも取り上げられたら、ストレスで死んでしまう」と言うんです。
さらに、「あなたのお給料が減って、お金が足りない」と言ったところ、私にパートに出てほしいと言います。

年収が下がったのは、全く私のせいではありませんし、自分のサッカーのことを棚に上げて、幼い子供をふたり育てている私に働けとは……。開いた口が塞がりません。

私だって、毎日家事も育児もあって、大変なんです。
正直言って、夫の比ではないと思います。
妻への思いやりもなく、自分のことばかり
こんな人だったとは、と悲しくなりました。

子供は夫に懐いていますが、それはただ夫が甘やかしていい顔をするからだと思います。
子供との時間より、趣味を優先する夫は、本当の意味では子供を愛していないのではないかと思います。

子供を一人でみている大変さも分からずに『君も自分が楽しめることを探した方がいい』などと無責任なことも言います。

離婚を切り出したら、バカなことをと一蹴されました。私はどうすればいいのでしょうか?」










●回答
どっちかっていうと、家族を大切にしてないのは、あんたの方な気がするけどねえ。
あんたみたいなウザったい女が家にいたら、旦那も子供も嫌だろうね、ホント。

あんた、サッカーが嫌っていうより、旦那の年収が下がったのが嫌なんでしょう? 本当は

思ってた生活水準よりグッと下がっちゃったから、日曜は家で正座でもしててほしいんでしょ、旦那にさ。
・・・ったく性悪よね。


で、子供が旦那に懐くと嫉妬してさ。
で、サッカーにも嫉妬して。
まだ20代だってのに、鬱陶しいわね、ホント。

10年もしたら、旦那だけじゃなくて、娘たちにもウザがられてポイってされるわよ。

だからまあ、どうしたらいいかって言えば、全体の幸せを考えるなら、離婚してあんたが一人で家を出るのが一番簡単だと思うわ。
もっと年収がいい男を見つけて、望む暮らしをすればいいのよ。

はい、解決

それがイヤなら、ダンナのいうとおり、あんたもパートに出て働くのね。


あんたはダンナの金と結婚したの?
ファミリーをつくりたくて結婚したの?
 

そこをよく考えることね。

ファミリーをつくりたくて結婚したなら、答えは自ずとでるでしょ? 

家計に貢献して、自分の稼いだ金があって、ちょっとでも自由になる金を手にできたら……あんたのウザッたい考え方もちょっとは変わるんじゃないかと思うわよ。

あら、柄にもなく、今回はずいぶん優しくて丁寧な回答しちゃったわ。
あんた、運がいいわね。ほんと。


葵屋図書館をどうぞ応援してください! (❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 













※写真素材はこちらからお借りしました!
※写真はイメージです。本人とは関係ありません。

防腐剤
boufuzai120^60-1

図書館T2

「葵屋図書館」
~ちょっとエッチな読書タイムを~
葵屋がお送りする読みもの専門館
編集長:中山美里
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

葵屋グループのご案内



性のデパート葵屋本店
http://aoiyahonten.jp/


よりディープな葵屋別館
https://aoiyabekkan.jp/


読みものに特化した専門館
http://aoiyamisato.blog.fc2.com/

プロフィール

中山美里

Author:中山美里
水商売などを経てライターへ転身。その後は女性と性をテーマにした著作を次々と発表。固い記事から身体を張った体験レポートまで、スタンスの広さに定評がある。

葵屋図書館をどうぞ応援してください!
(❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: