FC2ブログ

記事一覧

千人斬りAKIRAのヤリチン忘備録<一人目/ナナコ/女子大生/19歳>

5年ほど前につき合いがあった女子大生、ナナコについて今回は書いてみたい。

ナナコは、「甘え上手な天然系小悪魔」といった風なタイプだった。
可愛い子猫ちゃんだ。
とはいってもビッチではなく、何度身体を重ねても、どこか、はにかんでいるような、恥ずかしがっているようなところがあり、男心を飽きさせない娘だった。

逢瀬は1ヶ月に一度程度
あまり頻繁に会うと、俺は飽きてしまう困った性格なのだ。

「久々だね。仕事、忙しかったの?」
 そんな風に俺の身体をを気づかってくれる

「ああ、ナナコと会いたいって、そればかり考えながら仕事していたよ」
と抱きしめてやる。
・・・まさか、頻繁に会うと飽きてしまうとも言えないからな。

「寂しかったか?」
すごい寂しかったよ。でも、私も、中間試験とか忙しかったから」

「彼氏とは会ってたのか」

ナナコには高校時代から付き合っている同い年の彼氏がいる。
別に全く気にしていないのだが、少しヤキモチを焼いているフリをするのも礼儀というものだ。

「彼氏とも全然会ってないんだ。Hもしてません」
ややムキになって言うところが可愛い。

旅行とか連れてってもらいたいな〜」
などと言うので、

「彼氏にバレないのか?」
またイジメてやる

ヤリチン001

さて、ホテルに入り、服を脱がす。
色白でスレンダーだ。
乳房を揉み、色素の薄い乳首を舐めまくる。

「ああん、気持ちいいよ~!!」
ナナコは乳首が弱いのだ。

徹底的に舐めまくって乱れさせると、すっかりHモードに入る。

ペニスを慈しむように喉の奥まで嬉しそうにくわえて、隅々まで舐め尽く。
実に献身的なフェラだ。

ズブリと挿入すると、いつものように激しく喘ぎ、絶頂を迎えた。

ナナコと会っていたのは、半年ほどの期間だったはずだ。
セックスは10回ほどしただろうか。

しばらくして、俺の方から会うのを止めた。
あれこれとプレイベートのことを聞いてくるようになり、ナナコが本気になりはじめているのを感じたからだ。

「彼氏との関係を悩んでるんだ」
彼氏と別れることを匂わせてきたのを契機に、一切連絡を取らなくした。

しばらく携帯に着信が続いたが、3ヶ月ほどでなくなった。

彼氏とデートに行く前に会い、「この唇でこの後彼氏とキスをするのか」などと考えながら、タップリとしゃぶらせてやったことなどを時々思い出す。
今頃、どうしているだろうか。




図書館T2

「葵屋図書館」
~ちょっとエッチな読書タイムを~
葵屋がお送りする読みもの専門館
編集長:中山美里
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

葵屋グループのご案内



性のデパート葵屋本店
http://aoiyahonten.jp/


よりディープな葵屋別館
https://aoiyabekkan.jp/


読みものに特化した専門館
http://aoiyamisato.blog.fc2.com/

プロフィール

中山美里

Author:中山美里
水商売などを経てライターへ転身。その後は女性と性をテーマにした著作を次々と発表。固い記事から身体を張った体験レポートまで、スタンスの広さに定評がある。

葵屋図書館をどうぞ応援してください!
(❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: