FC2ブログ

記事一覧

ナンパ師AKIRAのつぶやきコラム「ひとりH上手はセックス上手」

ひとりH上手はセックス上手


今日は、引っ掛けた女の話ではなく、ちょっとコラムを書いてみたいと思う。
女と見ればセックスの対象、としか思っていないような、どうしようもない俺だが、人並みに愛について考えてみたりすることもある。

akiracorumn010.jpg


男女の恋愛関係のみならず、人を愛するためにまず必要なことは、自分を愛する能力を持つことだと俺は思う。
なぜなら人間とは、自分の延長線上に世界を置いているからだ。
逆に言えば、よく聞くことかもしれないけれど、自分を愛せない人間は、家族や友人など、誰のことも愛することができない。

さて、性の話題に移ろう。
若い頃は“性や性器”そのものを、汚らわしいものだと思い込むことは珍しいことでない。
しかしその純粋さゆえの拒否する感覚は、他人との関係を怖がる幼さの裏返しでもある。
成熟した男女というのは、性やが持つ受け入れ難い側面をも、受け入れることができるものだ。

時には凶暴で、時にはナイーブで、時にはコントロールできなくなるほどの独自の人格を持つ性。


若いうちは、どうしても性を観念で捉えてしまう。まあ、経験が少ないから仕方ないことなんだけどね。

けれども体が成熟してくるとともに、性感も成熟してくるため、性を体でとらえられるようになってくる。こうなってはじめて性や性欲などを乗りこなせるようになってくるんだ。

例えれば“性”というものは、スポーツカーのようなものだと思う。
最初に乗ったときはめまぐるしくて、そのスピード感に恐怖を覚えてしまうかもしれない。だが慣れてしまうと、車体が自分の体と一体化してきて、スピード感は快感に変わる。
そして余裕をも、持つことができる。

余裕が出てくると視野が広がり、自分にとっての相手の大切さとともに、相手にとっての自分の大切さを認識できるようにもなってくる。

マスターベーションは性のあり方を受け入れていく過程で、とても重要な役割を果たすものだと思う。
自分がいかなる妄想や性欲を、マスターベーションに求めるかということは、自分がいかなる恋愛や愛情のかたちを求めているかということに他ならない。

マスターベーション……つまり自慰を知ることは、自分の性のかたちを知ることであり、男女のかたちを知ることでもある。

つまり、豊かなオナニーライフには、豊かな恋愛がついてくるといっても過言ではないのだ。

刹那に俺の上を通り過ぎていく女たちだが、俺なりに一人ひとりを愛している。
それは他人から見たら「何、きれいごとを宣っているんだ」と思われるかもしれないが、俺にとっては真実の一つである。


<文:ナンパ師 AKIRA>

★ある場所に行ってアイドル級の超かわいい美女にナンパと思われないナンパをして2時間内にセックスする方法はここをクリック★







葵屋図書館をどうぞ応援してください! (❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 



図書館T2

「葵屋図書館」
~ちょっとエッチな読書タイムを~
葵屋がお送りする読みもの専門館
編集長:中山美里
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

葵屋グループのご案内



性のデパート葵屋本店
http://aoiyahonten.jp/


よりディープな葵屋別館
https://aoiyabekkan.jp/


読みものに特化した専門館
http://aoiyamisato.blog.fc2.com/

プロフィール

中山美里

Author:中山美里
水商売などを経てライターへ転身。その後は女性と性をテーマにした著作を次々と発表。固い記事から身体を張った体験レポートまで、スタンスの広さに定評がある。

葵屋図書館をどうぞ応援してください!
(❁ᴗ͈ˬᴗ͈). ぺこり 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: